banner

Welcome to Our Laboratory

光ファイバを利用した高速インターネット回線やスマートフォンなどのモバイル通信機器が身近なものになっております.このような情報通信技術の急速な発展に伴い,将来の様々な通信サービスにも対応可能な新しい通信技術が必要となっております.
本研究室では,光ファイバ通信技術を基に,将来の光ファイバ通信や無線通信に役立つ技術に関する研究開発を実証実験を中心に行なっております.

News & Topics

2019/1/7【研究発表】
伊藤玄馬君(平成29年度博士前期課程了)の光信号再生器に関する論文がOSA(米国光学会)が発行する論文誌 OSA Optics Express に採択されました.


2018/12/17【研究発表】
伊藤玄馬君(平成29年度博士前期課程了)の光信号再生器に関する研究,田嶋奈奈さん(博士前期課程2年)の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究の計2件が来年3月にアメリカ・サンディエゴで開催される国際会議 OFC 2019 に採択されました.

OFC(光ファイバ通信国際会議)は光通信分野で世界最高峰のレベルと規模を誇る,国際的に最も権威ある国際会議の1つです.おめでとうございます.


2018/10/16【連絡】卒業研究配属希望者へ
平成31年度卒研生向け研究室説明会の日程や詳細を 「配属希望者へ」 のページに掲載しましたので,配属希望者は確認して下さい.


2018/9/25【研究発表】
石川県金沢市で開催された電子情報通信学会 ソサエティ大会 において, 田嶋奈奈さん(博士前期課程2年)の光給電型光ファイバ伝送に関する研究,岡田拓也君(博士前期課程1年)の光アナログ・デジタル変換に関する研究,矢澤諒君(博士前期課程1年)の光給電ドローンに関する研究の研究発表を行いました.


2018/9/3【トピックス】
光アナログ・デジタル変換に関する解説記事「半導体光増幅器を用いた光アナログ・デジタル変換」がオプトロニクス社が発行する雑誌 月刊OPTRONICS の2018年9月号に掲載されました.


2018/9/3【研究発表】
北海道函館市で開催された電子情報通信学会 光ファイバ応用技術(OFT)研究会 において, 上山大輔君(博士前期課程2年)の光給電型光ファイバ伝送に関する研究,久保木駿君(博士前期課程2年)の光給電型光ファイバ伝送に関する研究の研究発表を行いました.


2018/8/8【研究発表】
島根県松江市で開催された国際会議 MWP Sympoium において, 「Power-over-fiber technologies for radio-over-fiber systems」という題目で招待講演を行いました.


2018/8/3【研究発表】
香港で開催された国際会議 CLEO-PR 2018 において, 「Power-over-fiber for radio-over-fiber-based distributed antenna systems」という題目で招待講演を行いました.


2018/5/21【研究発表】
アメリカ サンノゼで開催された国際会議 CLEO 2018 において, 「Optically powered radio-over-fiber systems」という題目で招待講演を行いました.


2018/5/7【研究発表】
田嶋奈奈さん(博士前期課程2年)の光給電型光ファイバ伝送に関する研究,岡田拓也君(博士前期課程1年)の量子ドット半導体の光A/D変換に関する研究,矢澤諒君(博士前期課程1年)の光給電型ドローンに関する研究が今年7月に韓国の済州島で開催される光エレクトロニクス・光通信に関する国際会議 OECC 2018 に採択されました.


2018/4/24【研究発表】
矢澤諒君(博士前期課1年)の光給電型ドローンに関する論文がIEICE(電子情報通信学会)が発行する論文誌 IEICE Electronics Express に採択されました.


2018/4/12【研究発表】
星野弘樹君(平成29年度博士前期課程了)の半導体光増幅器を用いた光アナログ・デジタル変換に関する論文がOSA(米国光学会)が発行する論文誌 OSA Optics Letters に採択されました.


2018/3/19【トピックス】
OSA(米国光学会)が発行する論文誌 OSA Optics Letters に発行された,久保木駿君(博士前期課程1年)のマルチモードファイバを用いた光給電型光ファイバ無線伝送に関する論文が OSA Spotlight on Optics に選定されました.

OSA(米国光学会)は光学分野で世界的に最も権威のある学会の1つで,Spotlight on OpticsはOSAが発行する論文誌に掲載された論文の中でも,特に優れた成果かつ注目度の高い論文として毎月数件選定されているものです.当該論文は2018年3月に発行された論文の一つとして選定され,特別に フリーアクセス論文 として掲載されております.おめでとうございます.本学ホームページにおいても紹介されています.
http://www.uec.ac.jp/news/prize/2018/20180326_900.html


2018/3/12【メディア掲載】
2018年3月12日付けの 日刊工業新聞 に,アメリカ・サンディエゴで開催された国際会議 OFC 2018 で研究公表を行った,光給電型光ファイバ無線伝送に関する報道記事が掲載されました.

"信号・電力 同時に 電通大 光ファイバー1本で"
松浦基晴准教授(情報・ネットワーク工学専攻)らは,1本の光ファイバーで無線通信用の光信号と電力を同時に送ることに成功.災害などの停電で通信が遮断されても,無線基地局に電気の供給が可能に.光ファイバー給電技術の実用化を後押し.


2018/3/8【トピックス】
楊亮君(博士前期課2年)が電子情報通信学会 フォトニックネットワーク(PN)研究会 が主催する学生ワークショップで優秀賞を受賞しました.おめでとうございます.本学ホームページにおいても紹介されています.
http://www.uec.ac.jp/news/prize/2018/20180319_885.html


2018/3/8【トピックス】
谷津智也君(平成28年度博士前期課程了)が電子情報通信学会 フォトニックネットワーク(PN)研究会 で若手研究賞を受賞しました.おめでとうございます.本学ホームページにおいても紹介されています.
http://www.uec.ac.jp/news/prize/2018/20180319_884.html


2017/3/8【研究発表】
鹿児島県種子島で開催された電子情報通信学会 フォトニックネットワーク(PN)研究会 において, 米山彰君(博士前期課程2年)の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究, 東井亮磨君(博士前期課程2年)のアナログ・デジタル重畳伝送に関する研究, 伊藤玄馬君(博士前期課程2年)の光信号再生器に関する研究, 星野弘樹君(博士前期課程2年)の光アナログ・デジタル変換に関する研究, 楊亮君(博士前期課程2年)の光時分割多重分離に関する研究, 庄司尚生君(博士前期課程2年)の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究の研究発表を行いました.


2017/3/8【研究発表】
鹿児島県種子島で開催された電子情報通信学会 フォトニックネットワーク(PN)研究会 において, 大槻樹矢君(博士前期課程1年)が, 「データセンタのための量子ドット半導体光増幅器を用いたPAM-4光波長変換」という題目で依頼講演を行いました.


2018/2/22【研究発表】
上山大輔君(博士前期課程1年)の光給電型光ファイバ無線伝送に関する論文がIEEE(米国電気電子学会)が発行する論文誌 IEEE Photonics Technology Letters に採択されました.


2018/2/1【トピックス】
光給電型光ファイバ無線伝送に関する解説記事「無線基地局向け光ファイバー給電における信号と電力の同時伝送」がアドコム・メディア株式会社が発行する雑誌 OplusE の2018年2月号の特集「光無線給電の最新動向」に掲載されました.


2018/1/31【トピックス】
アメリカ・サンディエゴで開催される国際会議 OFC 2018 に採択された,上山大輔君(博士前期課程1年)の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究がTop Scored論文に選ばれました.

OFC(光ファイバ通信国際会議)は光通信分野で世界最高峰のレベルと規模を誇る,国際的に最も権威ある国際会議の1つで,Top Scored論文は投稿された全ての論文の中で,それぞれの研究領域で最も評価点数の高かった論文になります.おめでとうございます.本学ホームページにおいても紹介されています.
http://www.uec.ac.jp/news/prize/2018/20180319_883.html


2018/1/29【研究発表】
京都府京都市で開催されたレーザー学会学術講演会 第38回年次大会において, 「光ファイバ無線のための光ファイバ給電技術」という題目で招待講演を行いました.


2018/1/25【研究発表】
久保木駿君(博士前期課程1年)のマルチモードファイバを用いた光給電型光ファイバ無線伝送に関する論文がOSA(米国光学会)が発行する論文誌 OSA Optics Letters に採択されました.


2018/1/20【研究発表】
大槻樹矢君(博士前期課程1年)のPAM-4信号を用いた光波長変換に関する論文がIEEE(米国電気電子学会)が発行する論文誌 IEEE Photonics Technology Letters に採択されました.


2017/12/11【研究発表】
上山大輔君(博士前期課程1年)の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究,久保木駿君(博士前期課程1年)の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究の計2件が来年3月にアメリカ・サンディエゴで開催される国際会議 OFC 2018 に採択されました.

OFC(光ファイバ通信国際会議)は光通信分野で世界最高峰のレベルと規模を誇る,国際的に最も権威ある国際会議の1つです.おめでとうございます.


2017/10/26【重要連絡】卒業研究配属希望者へ
平成30年度卒研生向け研究室説明会の日程や詳細を 「配属希望者へ」 のページに掲載しましたので,配属希望者は確認して下さい.


2017/7/27【研究発表】
東京都目黒区で開催された応用物理学会 応用電子物性分科会 研究例会「光を用いたリモート給電の基礎と応用」において, 「将来の無線基地局のための光ファイバ給電技術」という題目で招待講演を行いました.


2017/6/16【研究発表】
秋田県秋田市で開催された電子情報通信学会 フォトニックネットワーク(PN)研究会 において, 「光ファイバ無線基地局の駆動を目的とした光ファイバ給電技術」という題目で招待講演を行いました.


2017/5/29【研究発表】
島根県松江市で開催された電子情報通信学会 光ファイバ応用技術(OFT)研究会 において, 大槻樹矢君(博士前期課程1年)の量子ドット半導体を用いた光波長変換に関する研究,上山大輔君(博士前期課程1年)の光給電型光ファイバ伝送に関する研究,久保木駿君(博士前期課程1年)の光給電型光ファイバ伝送に関する研究の研究発表を行いました.


2017/5/18【メディア掲載】
我々の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究が,光エレクトロニクス, フォトニクス関連の情報サイト Vison Systems Design のカメラのインターフェースに関する記事で紹介されています.
Vison Systems Design - Product Focus: Fiber emerges as an alternative camera-to-computer interface


2017/5/1【トピックス】
松浦研究室の紹介記事「電気通信大学 情報理工学研究科 情報・ネットワーク工学専攻 松浦研究室 〜新しい光通信技術の開拓を目指して〜」が日刊工業出版社が発行する情報誌 光アライアンス の2017年5月号に掲載されました.


2017/3/28【研究発表】
東井亮磨君(博士前期課程1年)のプラスチック光ファイバの雑音評価に関する研究,大槻樹矢君(学部4年)の量子ドット半導体の光信号処理に関する論文が今年7月にシンガポールで開催される光エレクトロニクス・光通信に関する国際会議 CLEO-PR/OECC/PGC 2017 に採択されました.


2017/3/16【メディア掲載】
我々の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究の著者インタビューと成果が,光学分野で国際的に著名な Photonics.com の専門誌 EuroPhotonics の2017年春号で紹介されています.
Photonics.com - EuroPhotonics Spring 2017


2017/3/9【研究発表】
沖縄県石垣島で開催された電子情報通信学会 フォトニックネットワーク(PN)研究会 において, 谷津智也君(博士前期課程2年)の量子ドット半導体による光波長変換に関する研究,二宮典彦君(博士前期課程2年)の量子ドット半導体による光アナログ-デジタル変換に関する研究の研究発表を行いました.


2016/12/12【研究発表】
二宮典彦君(博士前期課程2年)の光アナログ・デジタル変換に関する論文が来年3月にアメリカ・ロサンゼルスで開催される国際会議 OFC 2017 に採択されました.

OFC(光ファイバ通信国際会議)は光通信分野で世界最高峰のレベルと規模を誇る,国際的に最も権威ある国際会議の1つです.おめでとうございます.


2016/11/21【研究発表】
源大和君(平成27年度博士前期課程了)の光給電型光制御フェーズドアレーアンテナに関する論文がIEEE/OSA(米国電気電子学会/米国光学会)が発行する論文誌 IEEE/OSA Journal of Lightwave Technology に採択されました. この研究は光ファイバ通信国際会議OFC 2016でTop Scored論文に選定されたもので,論文誌のOFC 2016特集号にてTop Scored招待論文として掲載される予定です.


2016/10/17【重要連絡】卒業研究配属希望者へ
平成29年度卒研生向け研究室説明会の日程や詳細を 「配属希望者へ」 のページに掲載しましたので,配属希望者は確認して下さい.


2016/10/17【メディア掲載】
アメリカのICT(情報通信技術)に関する情報サイト ICT Solutions & Education に掲載された記事「Extending Power-Over-Ethernet With Optical Fiber」でメタルケーブルに替わる光ファイバによる給電技術の研究成果として,我々の光ファイバ給電技術に関する研究が紹介されています.
ICT Solutions & Education - Extending Power-Over-Ethernet With Optical Fiber


2016/9/27【メディア掲載】
アメリカのコネクタ技術に関する情報サイト ConnectorSuplpier.com に掲載された記事「Why we need cooper AND Fiber」でメタルケーブルに替わる光ファイバ給電技術の優れた研究成果として,我々の光ファイバ給電技術に関する研究が紹介されています.
ConnectorSuplpier.com - Why we need cooper AND Fiber


2016/9/23【メディア掲載】
アメリカの著名なインターネットニュースサイト The Huffington Post に掲載された記事「The Future Utility Is Here...」で既存の電力設備に変わる新技術の可能性の一例として,我々の光ファイバ給電技術に関する研究が紹介されています.
The Huffington Post - The Future Utility Is Here ...


2016/9/12【トピックス】
光給電型光ファイバ無線伝送に関する解説記事「光ファイバ給電で無線基地局を駆動する光ファイバ無線システム 〜災害に強い無線通信ネットワークの実現へ向けて〜」が電波技術協会が発行する会報誌 FORN に掲載されました.


2016/9/5【研究発表】
北海道函館市で開催された電子情報通信学会 フォトニックネットワーク(PN)研究会 PNワークショップにおいて, 「光ファイバ給電技術を用いた災害に強い光ファイバ無線ネットワーク」という題目で招待講演を行いました.


2016/8/30【研究発表】
インドネシア・ジョグジャカルタで開催されたアジア・パシフィック通信国際会議 APCC 2016 において, 「Optically powered radio-over-fiber system using double-clad fibers」という題目で Keynote speech(招待講演)を行いました.


2016/7/25【研究発表】
北海道網走市で開催された電子情報通信学会 マイクロ波・ミリ波フォトニクス(MWP)研究会 において, 「ダブルクラッド光ファイバによる光ファイバ給電型光ファイバ無線伝送技術」という題目で招待講演を行いました.


2016/5/30【研究発表】
岡山県岡山市で開催された電子情報通信学会 光ファイバ応用技術(OFT)研究会 において, 星野弘樹君(博士前期課程1年)の量子ドット半導体の周波数チャープに関する研究,米山彰君(博士前期課程1年)の光給電型光ファイバ伝送に関する研究,楊亮君(博士前期課程1年)の量子ドット半導体の光信号処理に関する研究の研究発表を行いました.


2016/5/2【トピックス】
光給電型光ファイバ無線伝送に関する解説記事「ダブルクラッド光ファイバを用いた光ファイバ給電技術」が日刊工業出版社が発行する情報誌 光アライアンス の2016年5月号に掲載されました.


2016/4/28【研究発表】
星野弘樹君(博士前期課程1年)の量子ドット半導体の周波数チャープに関する研究,米山彰君(博士前期課程1年)の光給電型光ファイバ伝送に関する研究,楊亮君(博士前期課程1年)の量子ドット半導体の光信号処理に関する論文の合計3件が今年7月に新潟で開催される光エレクトロニクス・光通信に関する国際会議 OECC 2016 に採択されました.


2016/4/26【研究発表】
東京都港区で開催された電子情報通信学会 フォトニックネットワーク(PN)研究会 において, 「量子ドット半導体光増幅器を用いた光信号処理技術」という題目で招待講演を行いました.


2016/4/13【研究発表】
岡直哉君(平成26年度博士前期課程了),水阪佳太君(平成26年度学部卒)の光クロック再生を用いた光フォーマット変換に関する論文がIEEE(米国電気電子学会)が発行する論文誌 IEEE Photonics Technology Letters に採択されました.


2016/2/22【トピックス】
アメリカ・アナハイムで開催される国際会議 OFC 2016 に採択された,源大和君(博士前期課程2年)の光給電型光制御フェーズドアレーアンテナに関する研究がTop Scored論文に選ばれました.

OFC(光ファイバ通信国際会議)は光通信分野で世界最高峰のレベルと規模を誇る,国際的に最も権威ある国際会議の1つで,Top Scored論文は投稿された全ての論文の中で,それぞれの研究領域で最も評価点数の高かった論文になります.おめでとうございます.本学ホームページにおいても紹介されています.
http://www.uec.ac.jp/news/prize/2016/20160414-1.html


2016/2/22【研究発表】
沖縄県那覇市で開催された電子情報通信学会 光ファイバ応用技術(OFT)研究会 において, 古郡秀人君(博士前期課程2年)が光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究, 松本侑樹君(博士前期課程2年)がプラスチック光ファイバの雑音評価に関する研究の研究発表を行いました.


2016/2/1【メディア掲載】
我々の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究が光学分野で国際的に著名な Photonics.com の専門誌 Photonics Media で大きく紹介されています.
Photonics Media - Optical Feed System Achieves 60-W Power Over 300 M


2016/1/30【メディア掲載】
我々の光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究がアメリカの電気電子関連の情報誌サイト Electronic Design や物理系情報サイト Phys.org に大きく取り上げられております.
Electronic Design - Fiber Optics Transmit Data and Power Over Same Cable,
Phys.org - Optical fibers power mobile data networks


2016/1/20【トピックス】
ダブルクラッド光ファイバを用いた光給電型光ファイバ無線伝送に関する研究が本学の英語サイト及び UEC Research Portal で紹介されています.
http://www.uec.ac.jp/eng/, http://www.ru.uec.ac.jp


2016/1/5【トピックス】
平成27年度第2回オープンキャンパスで行った高校生向け模擬講義「安心・快適・便利な社会を実現する光ファイバ通­信技術」の動画が以下のYouTubeのサイトで公開されています.
https://www.youtube.com/watch?v=dlviaXbRsK4



 > 2015年のNews & Topics
 > 2014年以前のNews & Topics
Copyright(c) 2012- Motoharu Matsuura All Rights Reserved. Design by Cloud template